2015年09月29日

vantique / MILGRAIN RING

R7264629




ヴィンテージテイストや歴史的・宗教的なモチーフを使用し、ヴィンテージな質感を引き出す。
シルバー・真鍮の持つ深い風合いを重視し、ユーズド風イブシ仕上げを完全ハンドメイドで仕立てる『Vantique(ヴァンティーク)』。

本日のご紹介は「MILGRAIN RING」。





R7264627





MILGRAIN(ミルグレイン)とは・・・・
ジュエリーのエッジやライン部分に小さな地金(マテリアル)の玉を連続して打刻していく装飾技法のこと。
「ミル(千の)グレイン(粒」)という意味を持ち、千=沢山・子宝・永遠・長寿などの意味があり縁起が良いことから、ブライダルリングにも多く用いられています。





R7264635







所謂”ミル打ち”が施される事によって、アンティーク感はぐんと上がりますね。元はアンティークジュエリーからある古くから伝わる技法で、アンティークジュエリーが今となっても輝きを失わないのはミル打ちの立体感により傷が目立ちにくく、独特な美しさが保たれているからだと言われています。

また、光の反射によってダイヤモンドのような輝きを放ちながらも、あくまでリング全体の印象をカジュアルにしてくれますから、そういった点でもブライダルリング=永遠、という式にはまさにしっくりくるリングで、末永く身に着けてもらうのにミルグレインリングは最適と言えますね。

トラディショナルであり、モダンであり続けるリング。ぜひお探しの方はあわせてご検討いただければと思います。

ITEM ・・・
vantique
VR-MIL ¥10,000-(+TAX)

WRITER ・・・ファニチャー店スタッフOokouchi,Y 

取り扱いショップ
CHARCOAL*GREEN Tokyo TEL/FAX 03-5410-8186
CHARCOAL*GREEN Osaka  TEL/FAX:06-6538-5557
CHARCOAL*GREEN Nagoya TEL/FAX 052-251-3425
CHARCOAL*GREEN Gifu TEL 058-327-3837
CHARCOAL*GREEN Furniture TEL 052-252-5011


*****************************************************
 オンラインストア・フェイスブック・インスタグラム・ツイッターはこちらのリンクから。
CGふぁびこんON-LINE STOREfacebookFACEBOOKInstagramINSTAGRAMtwitterTWITTER
*****************************************************

charcoalgreen at 10:00|Permalink Vantique | Bridal-Item

2015年09月28日

gleam / CONE SHADE

1_000000002958






















廃材から生まれる家具「gleam(グリーム)」。
インド洋の島々で使われて来た素材、そこで生活するたくさんの人達が関わる事で、
長い歴史と人の温もりを感じるgleamの家具が生まれます。

本日のご紹介は、「CONE SHADE」。

前回ご紹介した「ARECIBO SHADE」の円錐型のタイプ。



2_000000002958

3_000000002958










































話す事と言えば、前回のARECIBO SHADEと同じですね。

ただこれに関しては、お店だとちょうどパソコンがあるところの真上にあって、例えばこうやってブログを書くときなんかもこのシェードの下にいるんですが、なんでしょう、言葉にするのが難しいですね。

想像してみてもらいたいです。このランプシェードを主体に考えたインテリアを。

きっと誰しもが、「あー....」と。ご納得いただける雰囲気が膨らんでいるかと思います。
今そんなシャレオツな気分でブログ書いてます。


前回も書きましたが、”ランプ”って視覚的にメインとして入り込むテーブルや周辺の家具や小物類とかよりも全体の印象を左右するもので、ランプのセレクト1つで大きく雰囲気を変えられちゃいますよね。
”引きの目”で見た時なんかは特に感じやすいかと。

なので最もセンシティブにセレクトしていかないと、いくらテーブルやイス、シェルフをバッチリ揃えても、何か違う.....なんて事になりかねない。

インテリアをコーディネートする上で一番最初に考えてもらいたいですね。


gleamのランプシェード、全4種類ありますが、どれもインダストリアルな雰囲気を醸し出しながら、どこか”抜け感”もあって、シリアスとアンニュイの狭間を感じるインテリアへと変貌させてくれます。

ぜひその目でお確かめください。

それでは、皆様の御来店お待ちしております。


ITEM ・・・
gleam
CONE SHADE ¥5,907-(+TAX)

WRITER ・・・ファニチャー店スタッフOokouchi,Y 


取り扱いショップ
CHARCOAL*GREEN Furniture TEL 052-252-5011

*****************************************************
 オンラインストア・フェイスブック・インスタグラム・ツイッターはこちらのリンクから。
CGふぁびこんON-LINE STOREfacebookFACEBOOKInstagramINSTAGRAMtwitterTWITTER
*****************************************************

charcoalgreen at 10:00|Permalink gleam | One&Only-Item

2015年09月27日

The Style Is Everything, My SR500 ...

こんにちは。
ユッキーです。

気付けば9月も終わり。時が流れるのは早いモンですね。
ここからあっという間に10月、11月と流れて、12月。クリスマス、年末…
街も徐々にキラめいていく事でしょう。
で、寒さに身を寄せ合うカップルをただただ死人の目で眺めてますね。
畜生。

はいっ、本日はプライベートネタ。実は僕、見た目からはあまり想像つかないかもしれませんが、バイク乗ってます。


sr500














afsrsr


YAMAHA 1986 SR500C.

僕の愛車です。SR400を2台乗り継ぎ(一代目は事故って廃車)、昨年の1月から一応大型二輪のSR500に乗っています。ノーマルで買ってから、ほとんど自分で工具を握ってここまでカスタムしてきました。

イメージは、旅とリラックス、あと玄人好み。
SRの純正の渋さをを生かしつつ、50~60'sのトライアンフのカスタムのような、SRがその時代にあったら、って事を思い描きながらヴィンテージパーツをインストール。
あとは旅仕様、リラックス、まさにこれ。

今思えば、今行き着いたファッションのスタイルだったり、アクセサリーのセレクトは、バイクをカスタムする時に漠然と意識していた事がそのまま流れてきているように思います。

服もアクセサリーもバイクも全て頂点は同じですね。


__


写真が好きでいろいろ撮ったりするんですが、なかでも走行写真は良く撮りますね。

地元仲間でよく撮りあってます。


バイクはおもしろいですよ。僕自身、元から根っからの旅や冒険好きなんで、そこを楽しむには最高のツールですね。
たまに過酷過ぎて俺ドMだなと思う事もありますが、、、

次回のプライベートネタは最近行ってきたばかりのドM旅をご紹介したいと思います。


WRITER ・・・ファニチャー店スタッフOokouchi,Y

charcoalgreen at 10:00|Permalink Staff Diary